正しい有料老人ホームの選び方

高齢者の立場で考える有料老人ホームの現状

老人ホームのなかでも有料老人ホームって快適です、これは特別養護老人ホームなんかよりも働く側も入る側もどちらにも言えることです。
今は大阪の有料老人ホームですが、以前特別養護老人ホームで働いていた時ははっきりって激務でしたよ・・。
夫婦老人ホームではかなりいい条件にも関わらず実際は相当ブラックな職場でした。
夫婦で入れるだけにその分の負担がスタッフに来るわけです。
夫婦で入るって世間からみれば理想ですが介護する側からすれば大変なんです。

 

やはり安い賃金でかなりの重労働だった記憶があります。
私も何度もやめようと思ったくらいです。
しかも大阪だったんですが、関西の人ってズバズバ意見を言いますよね?
これがお年寄りになるとなおさらです。
正直一時期疲れ果てていたくらいです。
たぶん特別養護老人ホームって費用が有料老人ホームと比べてはるかに安いので、入居者の親族からすればいいのかもしれませんが、
入居者からすれば相当大変だったと思います。
特に問題は食事。
これが嫌がる人が多かったですね。
大阪とかは薄味だからまだいいかもしれないんですが、介護食ってさらに薄味なんです。
だからもっと美味しいものが食べたいとか言われたりするので大変でした。
でも入居者からすればせめてもの楽しみが食事ですからね・・・。
気持ちは十分わかります。
食事も青魚や刺身は少な目でほとんどが味気ない白身の魚、牛肉はほとんどなしですらからね。
なんか可哀想になります。