正しい有料老人ホームの選び方

有料老人ホームってどう選ぶ?

有料老人ホームって最近いくつも出てきて、どこに入ればいいか迷いますよね?

 

なかなか老人ホーム選びは難しいと思いますが、ここで少し老人ホームの選び方なんかの
ポイントをまとめました。

 

有料老人ホームとなると入居一時金が高くて、

 

「もし変なところだったら・・・」

 

ってなると思うんですが、そうならないためにもちゃんと入居するお年寄りの方が
過ごせる環境の老人ホーム選びの役に立てばと思います。

 

 

選び方のポイント

老人ホーム選びのポイントはいくつかありますが、まず重要なのは介護スタッフ(職員)が24時間勤務であるかどうか、
これは当たり前すぎてポイントになるかどうかわかりませんが、重要です。

 

重要なのはただしいケアができる介護スタッフかどうかですね。

 

アルバイトのなにも知らない学生のようなスタッフがいるだけ・・。
なんて施設もあるので注意が必要です。

 

なにかあった際に対応できないと意味がないですから。

 

あとは施設としても訓練をしてるか、教育をしてるか?という部分が重要です。

 

万が一の際にどこの誰に電話するか?
ただしい状況報告ができるかなど体制つくりができているかが重要です。

 

看護職員が24時間いるかどうか?

介護スタッフはもちろん看護士などの資格をもった 職員が24時間常駐してる施設が望ましいですね。

 

もちろん月額の金額はあがりますが、もし糖尿やストーマ、たん吸引などが必要な方など介護の必要度によっては
これらの看護士スタッフが常駐してることが大事です。

 

よく確認しないと夕方5時には看護士がいなくて、介護スタッフがいるだけなんて施設も多いのです。

 

もちろん介護がそれほど必要ない、近くに提携してる病院がある場合はまた話は別となります。

 

いずれにせよ、高齢者の介護は慎重にやらなければいけない部分も多くそのへんの体制つくりができている
施設を選ぶ必要があります。

 

有料老人ホームの選び方については、横浜などが市として比較的介護に力を入れています。
こちらもご参考に

 

 

老人ホームの有料と無料の違いとは?

 

有料老人ホームと無料老人ホームってありますよね?

 

たしかに入る側からすれば施設の料金は安い方がいいのは当然なので無料を選ぶってのが
普通ですが、実際老人ホームは有料、無料も施設によりあたりはずれが多いです。

 

特に資金的に余裕のない老人ホームも多く、かなり切迫してるホームもあるため
介護スタッフが少なかったり、教育のレベルが低いところもあるのが現状です。

 

とはいえ、施設によっては無料老人ホームなのに「なにこのハイクオリティ??」
なんてところもあります。

 

豪華で自分が過ごすところは高級感がある方がいいという方もいれば、
小さくてもアットホームで落ち着けるし楽しいという方もいますし、
この辺はほんとにその入居者の考え方によりけりかもしれません。

 

ただ、選び方としては有料、無料に限らず、

 

・スタッフが明るいか?
・清潔感があるか?
・コミュニケーションが取れてるか?
・既存の入居者のストレスはなさそうか?
などいくつか考慮すべき点はあります。

 

なによりイチバン重要なのは結局は「人」なんですね。

 

スタッフ一人が素晴らしければそれだけで
毎日が明るくなるホームもありますし、いくら施設が豪華でも
暗い雰囲気の施設もたくさんあります。

 

東京 有料老人ホームなどではこのあたりはかなりしっかりしてるようですが、
なによりこれからお世話になる施設のスタッフが「ちゃんとした介護」をしてくれるか

 

 

老人介護の現場での話

 

老人介護の現場ってどんな感じかご存知でしょうか?

 

じつは暗いイメージのある老人ホームですが最近では高級ホテルなみのクオリティで
そんな介護施設で働くのが介護士の間ではステータスになってるみたいです。

 

少し前なら老人ホームというと安月給で3Kというイメージがありましたが、
今では・・・

 

というわけではないのですが(実際高級ホテル並みでも仕事そのものは3Kみたいですし)

 

それでも綺麗な職場で働けるっていいですね。

 

おまけに食事もついていて、それなりにちゃんとしたご飯も食べられるので
こういう施設への就職を目指す介護士さんも増えてるようです。

 

たしかに職場って大事ですからね、

 

でも入居者の方も介護スタッフに対し、それなりのクオリティを求めているので
カンタンには誰でも入れるわけでもないですし、それなりの
経験なんかも必要とのことです。

 

それに入居者の方もわがままだとか(笑)

 

ああいう有料の老人ホームなんかの施設って一時入居金だけでも
数百万円〜数千万円くらいかかるみたいなので

 

それなりのお金持ちが住んでますからね。

 

ああいうところで働くならばケアマネ試験受けて資格取ると
給料も結構上がるみたいですね。

 

ケアマネージャーの資格を持ってるだけで随分待遇が変わるみたいです。
でもケアマネ試験ってかなりハードル高いですからね
まあ、楽ではないかもしれないですが、自分が誇れる、または自分が
いて楽しい職場って大事だと思いました^^

 

 

老人ホームをいろいろ見てきて考えること

老人ホームいろいろ見てるとね
ほんといろいろ考えさせられますよ。

 

おじいちゃんがボケちゃったとか、夜中に徘徊しだすとか、
家族からすればかなりキツイですよね。

 

そのほかに最近お年寄り同士が結婚しちゃったりカップルになるってのも
増えてるみたいです。

 

また最近はペット可老人ホームが増えてきて、その人が亡くなった時に家族がペットを引取りに来ないとか?
ふざけてますよね。

 

いや、周りの人が亡くなったりすると、最後になにかしたい!って気持ちになるのか
なんとなく気持ちはわかりますが、入居者を見守る介護側や家族からすれば
困ったものですね。

 

下手に結婚したりすると、財産なんかもそちらに行ってしまいますから
入居者と家族とその恋人さんとかでもめたりするみたいですね。

 

実際に埼玉の有料老人ホームでもそんなことあったみたいです・・。

 

もしどちらも奥さんや旦那さんが亡くなってたりするのであればいいのかもしれない(いいのか?)
ですが、やはり残された家族に迷惑かかることはいけませんね。

 

高齢化社会においてこの辺の問題とかも今後出てくると思うのですが、注意が必要ですね。

 

 

老人ホームで盛大にお祝いを

もしあなたのお祖父さんやお祖母さんが老人ホームで誕生日を迎えたら、お祝いに胡蝶蘭ギフトを送ってみてはいかがでしょうか?
胡蝶蘭は実はお年寄りの誕生日などに非常に喜ばれるプレゼントです。
さまざまな場面でお祝いの贈り物として贈られる胡蝶蘭ですが、その花が枯れてしまった後も育てる楽しみができるのでギフトとしては最適と言えます。
私もいろいろな老人ホームでこの胡蝶蘭をプレゼントとして贈られてるお年寄りの方を見てきましたがみなさん非常に満足そうでした。
胡蝶蘭は花言葉として「幸せがやってくる」という意味があるほか、清純な花は気品があり、おめでたい際の贈り物として最適とされています。
また最近は高齢化によって米寿などの誕生日に赤いちゃんちゃんこを嫌がるお年寄りの方も増えてきています。
そのために無難な胡蝶蘭を贈るという家族も増えています。

 

胡蝶蘭には紅白の花もあり、おめでたい場面では非常に活躍します。
一度これらをプレゼントとしてお祝いに送ってみてはいかがでしょか?